トップページ»  歯科用CTによる精密な診断

歯科用CTによる精密な診断

歯科用CTスキャナー

当院では、精密検査機器として歯科専用のCTスキャナーを使用しています。

歯科用CTスキャナー

歯科用CTスキャナーは従来の診断機器とはまったく異なる撮影方法により、お口全体の立体画像が撮影できます。
しかも、歯の中や骨の中まで立体的に見えるので、精密な治療計画を立てることができるのです。歯科用CTスキャナーの撮影をご希望の方はスタッフにお声をお掛けください。

あごに埋まっている歯の診断

あごに埋まっている歯の診断1 あごに埋まっている歯の診断2

あごの中に埋まっている歯を立体的に診断することができます。
三次元の立体画像であらゆる方向から観察できます。また自由に断面図を作成して診断することができます。

インプラントの診断

インプラントの診断

インプラント治療において、あごの骨に埋めるインプラントを立体的にとらえて治療計画を立てられます。

インプラントの数、長さ、太さをあらゆる方向から診断して決定します。神経などを避けて位置、方向、埋める深さを決められます。治療計画を具体的にご説明いたします。

歯の形の診断

歯の形の診断1 歯の形の診断2

歯の根の形態や数、曲がり具合、方向や長さを立体的にとらえることができますので、根の治療においても役立ちます。

歯周病の診断

歯周病の診断

歯周病で歯を支える骨がどれくらいなくなっているか?
あるいは治療によりどれくらい骨が再生しているか?を立体画像で視覚的に見ることができますのでご自身の状態をおわかり頂けます。

治療計画・治療方針、治療後の評価・確認も情報を共有化することができます。

歯の生えてくる方向の診断

歯の生えてくる方向の診断1 歯の生えてくる方向の診断2

歯が生えてくる状況について、その位置・方向や歯の完成具合を異常がないかどうか三次元画像で確認できます。

特に歯の根の移動状況や支える骨の立体的な診断が必要な際に使用します。

あごの骨の診断

あごの骨の診断

あごの骨も立体的に撮影することができます。
顎関節症などの診断に役立ちますので、ご自身の症状を正しくご理解いただくことができます。

当院の特徴
トリートメントコーディネーターによる詳しい説明
専用ルームでの定期管理
レーザーによる無痛治療の充実
拡大鏡による精密な治療
歯科用CTによる精密な診断
セラミック1day治療
ISIシステムの活用
院内感染防止のための滅菌の徹底
患者さまにあったインプラント治療を行うために
コンテンツメニュー

診療カレンダー

2020年 2月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
1

休診日

午前休

午後休