トップページ»  拡大鏡による精密な治療

拡大鏡による精密な治療

歯科用マイクロスコープ

歯科用マイクロスコープ

マイクロスコープとは、診察時に使用する「歯を拡大してみることができる顕微鏡」のことです。
肉眼や歯科用ルーペ、レントゲンでは確認することが困難な歯の凹凸やひび割れなどを判別することができ、治療精度の向上につながります。

当院では、自由診療の患者様だけではなく保険診療の患者様の治療にも使用しております。
マイクロスコープの使用については、歯科医師の判断により使用いたします。また、マイクロスコープの使用は無料となっております。予めご了承下さい。

例えば、千円札をマイクロスコープで見るとここまで見えるようになります。
肉眼では見えていなかった模様がはっきりと見えます。
マイクロスコープで見た千円札
このように、非常に細かい部分まで確認できますので、精密な治療ができるようになります。

歯科用ルーペ

歯科用ルーペ

当院では保険、自由診療問わず、治療時には歯科用ルーペを使用しています。

歯科用ルーペを使用することで、根管治療や詰め物、かぶせ物の治療の際に、肉眼では見えづらかった部分が鮮明に見えるようになり、より精密な治療が可能になります。

当院の特徴
トリートメントコーディネーターによる詳しい説明
専用ルームでの定期管理
レーザーによる無痛治療の充実
拡大鏡による精密な治療
歯科用CTによる精密な診断
セラミック1day治療
ISIシステムの活用
院内感染防止のための滅菌の徹底
患者さまにあったインプラント治療を行うために
コンテンツメニュー

診療カレンダー

2020年 6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5

休診日

午前休

午後休